忍者ブログ
sexyvoice androbo・セクシーボオイスアンドロボ・セクシイボオイスアンドロボ・セクシーボイスアンドロボ ドラマ・松山 ケンイチ セクシーボイスアンドロボ・
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松山ケンイチ:成海璃子と「芝居でつながる」 気晴らしはドラクエ 「神童」試写

 
女優の成海璃子さん(14)と俳優の松山ケンイチさん(22)が26日、

出演映画「神童」(萩生田宏治監督)の完成披露試写会で舞台あいさつした。

松山さんは「二人は、うたとワオのように、

最初から“芝居の感覚”でつながってました」と息の合ったところを見せていた。

 
「神童」は、さそうあきらさんのマンガで、

99年に手塚治虫漫画賞マンガ優秀賞を受賞した傑作。

天才的なピアノの腕前で周囲から“神童”ともてはやされる13歳のうたは、

母から球技を禁じられ、常に手袋を付けさせられる窮屈な毎日を送っていた。

そんなとき、音大を目指す青年ワオと出会い、

二人で音を共有する体験を通じて、

音楽の喜びや人の温かさに目覚める……という物語。

ドラマ「1リットルの涙」などで注目される成海さんがうたを、

映画「デスノート」の謎の探偵Lを好演した松山さんがワオを演じ、

5歳でウィーン国立音大予備科に入学した“神童”の和久井冬麦さん(12)が出演している。

 
舞台あいさつでは、

和久井さんのピアノライブで開幕。

5歳から10歳までピアノを習っていたという成海さんは「ブランクがあって撮影は大変でしたが、

うたとワオの間だけに流れている音楽を感じてください」と話し、

週に1度のピアノ練習を欠かさなかったという松山さんは「挫折しそうになった時は、

子供のころからピアニカで吹いていた大好きな『ドラゴンクエスト』のテーマを弾いて気晴らしてました」という裏話を披露した。

 映画は4月21日からシネ・リーブル池袋などでロードショー公開される。【渡辺圭】

PR
HOME     次のページ
忍者ポイント
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[04/02 suna_samsoon]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索

Powered by Ninja Blog    Material by cherish    Template by Temp* factory
Copyright (c)セクシーボイスアンドロボ・ロボ 松山ケンイチ・大後寿々花 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]